【投資】楽天ポイントは使うのではなく「増やす」

投資に関する記事もちょっとずつ増やそうかなと考えているコツ男ですが、今回は楽天ポイントについて。

以下この記事の概要となります。

  • 楽天経済圏について
  • ポイントは買い物で使わない
  • 楽天証券でポイント投資を行う

楽天経済圏について

まず楽天経済圏。ここ最近になって非常に有名なキャッチフレーズになってますので割愛させていただきますが、よくわからんという方は以下の動画がおすすめです。

ようするに、楽天サービスを利用して得られるポイントを最大限活用しようって考えですね。

個人的に楽天経済圏のことが分かりやすくまとめらていると思う動画はこの二つ。みんな大好き両学長の動画と、ペンギンのマスコットがかわいらしいバンクアカデミーさんの動画がおすすめです。

ポイントは買い物で使わない

さて本題。皆さん、楽天経済圏によって得た楽天ポイントはどうしてますか?おそらく、そのまま買い物に使っている、またはひとまず貯めてるという方が殆どだと思いますが、実はその使い方は非常にもったいない。

詳しくは割愛しますが、ポイントで買い物すると、その買い物で得られるポイントの還元率がかなり下がってしまい、結果的に損をしてしまいます。

また、とりあえず貯めてるというパターンも非常にもったいない。ポイントはそのままだといつまでたってもただの「ポイント」です。得たものはすぐに有効活用しないと、そのポイントの価値は物価のインフレによってどんどんと下がっていきます。

尚、楽天ポイントには2種類あり、「通常ポイント」と「期間限定ポイント」がありますが、今回は「通常ポイント」についてお勧めの使い方を紹介していきます。期間限定ポイントについては今回は除外していますのであしからず。

通常ポイントのおすすめの活用方法は以下。

  • クレジットカードの支払いに利用する(おすすめ)
  • 楽天でんきや楽天スマホの支払いに回す(おすすめ)
  • 楽天証券でポイント投資に利用する(個人的に超おすすめ)

個人的に一番おすすめしたいのが、楽天証券でのポイント投資です。

楽天証券でポイント投資を行う

楽天証券を持っていることが条件になりますが、ポイント投資によって得たポイントをさらに増やすという方法があります。

楽天で得たポイントは、楽天証券を利用すれば投資信託を購入することができます。さらに、ポイントで購入した投資信託はいつでも現金化することが可能。

ポイント=キャッシュになるというわけですね。これは非常に大きな利点です。

楽天証券で購入できる投資信託は、国による厳正なチェックの元、有用とされるものだけが購入できますので、変なものをつかまされる心配もありません。

銀行や保険会社が紹介しているような、手数料激高で資産も増えない様な商品は一切含まれていないので、安心してポイントを投資に回すことが可能です。

ちなみにコツ男は、得たポイントは全て「iFreeレバレッジ NASDAQ100」に入れてます。

最近は「レバナス」って言葉がバズっており、これに全力してる方もチラホラ。私はそこまでのリスクはとりませんが、面白みのないPFのアクセントとして毎月の積立に加えて、得たポイント全てをこのiFreeレバレッジ NASDAQ100に投資しております。

ポイントは元々無かったものだし、自分のお金でもないので非常に気が楽。暴落があってもストレスなくずっと鬼ホールドできるはずです。

レバナスはポイント投資で。これ、今後もっと流行っていくんじゃないかと個人的に予想しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする